貰ってうれしい名入れカレンダー|ネット注文だとコストが安い!

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真保管時の品質維持に

袋

なぜ必要なのか

ご自宅で簡単に写真プリントができるようになりました。一昔前までは写真屋に現像を依頼しなければなりませんでしたが、インクジェットプリンタで簡単にプリントできます。写真用の紙にプリントした写真は空気に触れると劣化するため、すぐにアルバムに入れてしまうのが良いですがすぐ作業できない時もありますよね。一時的に置いておく場合にもそのまま置いておくよりもOPP袋に入れておいたほうが品質を維持しやすいです。また一時的な保管だけなくご友人に渡したい写真もOPP袋に入れておくと印刷した色味を劣化させることなく、印刷時の品質を維持できます。また、アルバムに入れるほどではないと判断した写真を一枚一枚OPP袋に入れて閲覧する形にすると画質を維持できます。L版写真用に最適なOPP袋のサイズは910mm×130mmです。またハガキサイズのKG版ですと105mm×155mmですので間違えないようにしましょう。

どこで買えるのか

写真の保存にOPP袋が最適なことはお分りいただけたと思いますが、写真用のOPP袋ってどこで買えるのでしょうか。店頭で探すと希望のサイズが見つからなかったり、在庫がなくて買えないこともありますが、通販で探すと色々なサイズを取り寄せていて気軽に購入できます。すべての写真を一枚一枚入れるとなると枚数も必要ですから、大量に購入できて割引のきく店舗を利用したいですね。写真の保存にOPP袋を利用する最大のメリットは透明性でしょうか。袋が透明ですから、色味を損なう事なく閲覧する事が可能です。一時的な写真の保管や、ご友人に写真をプレゼントする際にもOPP袋があると非常に便利です。通販で注文する際には是非一緒に注文してみてください。